連載☆美味×美容

グリーンアスパラガス
5月の食材
グリーンアスパラガス
抗酸化作用のあるβカロテンやビタミンCで美肌キープ

女性の味方“美肌のビタミン”で初夏の日差しもこわくない!

おでかけするのに気持ちのよい季節ですが、一方で気になるのが紫外線。日やけ止めや日傘で外から対策するだけでなく、体の内側からもしっかりケアしたいですね。今回ご紹介する「グリーンアスパラガス」は、βカロテン、ビタミンC、ビタミンEなど“美肌のビタミン”とよばれる栄養成分をあわせもつ女性にうれしい食材。シミ・そばかすの原因となる活性酸素の働きを抑え、紫外線に対する肌の抵抗力を高めます。また穂先にはポリフェノールの一種で血流を改善するルチンも。血行を良くして、健康的なハリのある肌に!
ワンポイントアドバイス! おいしいアスパラガスの選び方
緑色が鮮やかで茎の太さが一定のものを選びましょう。品種にもよりますが、直径が太いのが◎!切り口が乾燥してしぼんでいるものは鮮度が落ちているので注意して。
レシピ:アスパラカレー
let's start cooking!

アスパラカレー

 

材料(2人分)
  • グリーンアスパラガス……8本
  • ツナ缶……1缶
    ※身が大きくほぐれた
    チャンクタイプがおすすめ
  • 水……350ml
  • A
    ・カレールウ(市販)…50g
    ・ターメリックパウダー…小さじ1
    ・カルダモンパウダー…小さじ1
  • サラダ油……大さじ1/2
  • ごはん……茶碗2杯分
作り方

1アスパラガスはかたい根元を切り落とし、下から7~8cmくらいまでピーラーで皮をむいて4等分に切る。Aのカレールウは細かく刻んでおく。

2フライパンにサラダ油を熱し、1のアスパラガスをさっと炒め、缶汁を切ったツナ缶、分量の水を加える。

3煮立ってきたら一度火を止めてAを加え、弱火でとろみがつくまで煮る。

4器にごはんを盛り、3をかける。

POINT
ビタミンCやルチンなど水に溶けやすい性質の栄養成分を含むため、アスパラガスは下ゆでせずに生のまま炒める“じか炒め”がおすすめ。味や食感も良く仕上がります。
image
市販のカレールウに新鮮な香りをプラスする、ターメリック(写真右)とカルダモン(写真左)。いつもの味にちょっとひと手間加えたいときに、あると便利なアイテムです。

レシピ提供・監修/食のスタジオ