連載☆美味×美容

かぼちゃ
10月の食材
かぼちゃ
ビタミンEで血行促進!冷え性さんにおすすめ

食べてポカポカ♪ 冷えから来る不調を撃退!

レシピ:かぼちゃのポタージュ

ハロウィンムードで盛り上がる10月。パーティーを盛り上げる主役といえばかぼちゃ料理です。そんな緑黄色野菜の代表「かぼちゃ」には、美容や健康に欠かせない栄養素がたっぷり含まれているのを知っていますか? なかでも、朝晩冷え込むこの季節、女性が気になる冷え性に効果ありとされているのがビタミンE。血行を良くする働きによって新陳代謝がUPし、冷えからくる頭痛や肩こり、肌あれなどの不調をやわらげてくれます。さらに、抗酸化作用の強いβカロテンも含まれ、体内のサビつきの原因である活性酸素を除去。お肌のアンチエイジングや、風邪予防としてもおすすめの食材です。
ワンポイントアドバイス! おすすめの食べ方
かたくて切りづらいかぼちゃですが、電子レンジ(600W)で2分くらい加熱すると切りやすくやります。また、時間のないときは市販の冷凍かぼちゃが便利! 栄養は変わりません。βカロテンは脂溶性なので、バターや生クリームと一緒にとることで吸収率がアップします。

 

let's start cooking!

かぼちゃのポタージュ

 

材料(2人分)
  • かぼちゃ…300g
    (冷凍かぼちゃを使う場合は6片)
  • にんじん…1/2本
  • 玉ねぎ…1/4個
  • バター…大さじ1
  • A
    ・水…400ml
    ・コンソメスープの素(顆粒)
    …小さじ2
    ・牛乳…300ml
    ・塩、こしょう…少々
    ・生クリーム(あれば)…小さじ2
作り方

1かぼちゃはひと口大に切る(冷凍かぼちゃの場合は不要)。にんじんは皮をむき、すりおろす。玉ねぎはみじん切りにする。

2フライパンにバターを溶かし、にんじん、玉ねぎを弱火で焦がさないように 2~3分炒め、かぼちゃとAを入れて中火で10分ほど煮る。

3木べらでかぼちゃをつぶし、牛乳を加えて弱火で4~5分煮る。塩、こしょうで味を調える。

4器に盛り、生クリームをたらす。


POINT
ミキサーがなくても作れるポタージュです。口あたりがよくなるように、かぼちゃは木べらを寝かせて、ていねいにつぶしましょう。

image


レシピ提供・監修/食のスタジオ