HOME >

愛用者の声

AKの保湿効果で、かゆみも落ち着き、肌のよみがえりを実感しています。

東京都 河原美奈さん(23才・家事手伝い)

『母の話によると、私は生後2カ月の検診でアトピーと診断されたそうです。私の幼いころは、まだステロイドの副作用など知られていませんでしたから、母は医師のくれるステロイド剤を、「これさえつければ治る」と信じて、熱心にすり込んでいたそうです。
中学・高校と、しだいに体の湿疹の範囲が広がっていきました。顔にはあまり出ませんでしたが、いま思うと、乙女心で手とかの人の目につくところには、自分ですぐステロイド剤を塗って、人にわからないようにしていた気がします。
専門学校を卒業して、就職したころには、ステロイド裁判が大きく報道され、そのこわさがわかりましたので、自分の働いたお給料の大半をつぎ込んで、薬を使わずにアトピーを治すというエステにも通いました。あらゆるスキンケアや健康法も試してみました。
けれどステロイドをやめたリバウンドで、症状は悪化するばかり。ついには炎症による高熱で入院する羽目になり、退院後も病院で治療のために塗られたステロイド剤の副作用などで、頭も、顔も、体も、まさに地獄絵のような悲惨な状況になったのです。仕事も辞めました。
でも地獄で仏・・・・・・ということが人生にはあるのですね。いまの主治医の先生にめぐり会えて、やっと症状も落ち着き、皮膚のアフターケアとしてAKをすすめられたのでした。「きちんと皮膚科の学会で、効果が確認されていますから」ということでしたが、これまであらゆるスキンケア製品を試し尽くした私の肌は、人一倍敏感になっています。合わないものは、瞬時にして拒否反応が起こるのです。
ところが、このクリームは、不思議なくらいスーッと肌になじみました。不快な肌触感がまったくありません。安心なクリームが見つかったというだけで、どれほど心強かったことでしょうか。
私はそれまで保湿にはワセリンを使っていたのですが、出かけるときなど、ベタベタ、テカテカして、じつは少し困っていました。
セラミド配合クリームは、天然のセラミドのせいでしょうか、ベタつくこともなく、違和感なく肌になじんで、肌を塗りふさがれている息苦しさがありません。
しかも保湿効果は抜群で、乾燥してかゆみのひどいときに塗ると、症状が落ち着きます。いまはどこへ行くときでも持って出ます。
半年前まで絶望の淵にいた私が、いまはニコニコ笑って、友だちとも会えるようになりました。セラミド配合クリームのおかげだと思っています。』

成人型アトピーのスキンケアと体質改善に粉を吹いたかさつき肌がAKですべすべに。最初の一回で早くも効果を実感。

東京都 横山哲さん(35才・飲食店勤務)

『私の子供のころの記憶をたどると、いつも体のどこかをかいている自分の姿が思い浮かびます。
夏場に汗をかいたときや、冬場の乾燥する時期は、特にそのかゆみがひどくなりました。
「10才を過ぎれば治るよ」といわれてきましたが、私のアトピーは中学になっても、高校になってもよくなりませんでした。
ようやく20才を過ぎて症状が落ち着き、10年間は無事に過ぎたのですが、また一昨年から再発して、前よりいっそうひどくなってしまったのです。
今度は顔にまで症状が出て、かゆみは相変わらず強く、肌が魚のうろこのようにかさついて、ボロボロとはがれ落ちました。
顔はいつもガサガサと粉をふき、手もひっかき傷だらけで、症状がひどいときは、仕事を休まなければならないほど。
それでも、なんとかステロイド剤に頼らずに治療したくて、いまの先生のクリニックに伺い、治療のアフターケアとして、昨年7月からAKを使い始めました。
最初にこのクリームをつけたときのことはよく覚えています。
つけてしばらくして、何げなく顔をさわったとき、「あれっ」とびっくりしました。いつものガサガサ感と違って、なんとなくつるりとした感じがしたのです。
信じられない思いでしたが、同時に「これは自分と相性がいいぞ」とバンザイしたい気持ちでした。
さがしにさがして、やっとめぐりあうことができた保湿剤という気がしたのです。
それからは毎日2回、全身に塗りました。よくのびるので、スーッと肌になじんで、まったくべたつきません。
私はセラミド配合ローションも併用しています。これは、風呂上がりなどに全身に薄くクリームをのばしていると、つい時間がかかって、まだつけていない乾燥した肌が、早々とかゆくなってしまうのです。
そんなとき最初に、すばやくローションを全身につけて、保湿しておくと、ゆっくりていねいにクリームを塗ることができます。
おかげさまで、いまでは顔や手は、アトピー症状がうそのようにひいて、「横山君、ほんとうにアトピーだったの?」と、お客さんが驚くほどきれいになりました。
体質ですから完治は無理としても、体に合った保湿剤で継続してスキンケアを心がければ、こんなにも症状を好転させることができるのだとわかりました。
いまではセラミド配合クリームとローションは、私の主護神となっています。』