連載☆美味×美容

さんま
9月の食材
さんま
DHA、EPAなどの不飽和脂肪酸が豊富

血液サラサラ効果で秋の美肌を手に入れよう!

紫外線やエアコンの乾燥などで弱った夏肌をリセットし、美肌をめざすには「肌のターンオーバー」が欠かせません。そんな肌の再生を促してくれるのがサラサラの血液。実は、今が旬の「さんま」にはDHAやEPAといった不飽和脂肪酸が豊富で、血液をサラサラにしてくれる効果があります。全身の血液のめぐりが良くなれば、肌にも栄養がいきわたりつやつや美肌に! さらに、DHAやEPAには紫外線や老化によるドライアイなど目のトラブルを予防する働きも。目のアンチエイジングにおすすめの食材としても近年注目されています。
ワンポイントアドバイス! おすすめの食べ方
ビタミンEが多く含まれるアーモンドなどのナッツ類を組み合わせましょう。ビタミンEは“老化予防のビタミン”とも呼ばれ、肌はもちろん身体全体のアンチエイジングに欠かせません。
レシピ:焼きさんまのアーモンドだれ
let's start cooking!

焼きさんまのアーモンドだれ

 

材料(2人分)
  • さんま…2尾
  • 塩…少々
  • アーモンド(炒り)…20g
  • チンゲン菜…1株
  • 酢…適量
  • A
    ・薄口しょうゆ・みりん…
    各大さじ1.5
作り方

1  さんまはうろこを取って半分に切り、それぞれ十字に浅く切り込みを入れ、塩を軽くふっておく。

2  チンゲン菜は水洗いして縦6つに切り、塩ゆでして水けを絞り、食べやすく切る。

3  アーモンドは細かく刻み、Aと混ぜ合わせる。

4  1に酢をはけなどで薄く塗って焼き網かグリルで両面こんがりと焼き、2と盛り合わせて、3のたれをかける。

POINT
さんまの表面に酢を塗ると、焼き網やフライパンにくっつきにくくなり、きれいに焼けます。これは、たんぱく質を固める酢の働きのおかげです。
image

レシピ提供・監修/食のスタジオ