連載☆美味×美容

鮭
12月の食材
ビタミンEの500倍!アスタキサンチンの抗酸化パワー

“食べるエイジングケア”で、見た目年齢を変えていこう!

年齢を重ねるにつれて気になるシミやしわ、たるみ…など。とくに冬は肌も乾燥でカサつきやすく、それが老化の原因にも! そこで今回おすすめしたい食材が「鮭」。鮭の赤い色素にはアスタキサンチンとよばれる栄養素がたっぷり。えび、かに、いくらなど見た目が赤い魚介類に多く含まれ、ビタミンEの500倍もの強力な抗酸化作用が肌や身体の老化を防いでくれるといわれています。美白効果や、肌の弾力を左右するコラーゲンとエラスチンの生成を助ける働きもあり、最近は化粧品に使用されることも♪ アンチエイジング効果の高い成分として注目されています。
ワンポイントアドバイス! おいしい鮭の選び方
皮が銀白色に光ってハリがあり、身の色がきれいなものを。アトランティックサーモン、キングサーモン、紅鮭、白鮭の順に脂のりがよくコクがあるので、料理にあわせて選ぶといいでしょう。ただし脂のりと比例してカロリーも高くなるので、食べ過ぎには注意して。
レシピ:鮭とたっぷり野菜の和風マリネ
let's start cooking!

鮭とたっぷり野菜の和風マリネ

 

材料(2人分)
  • 生鮭…2切れ
  • 塩…少々
  • 玉ねぎ…1個
  • にんじん…1/3本
  • マッシュルーム…4個
  • セロリ…1/3本
  • 白ワイン…大さじ4
  • A
    ・水…大さじ4
    ・塩…小さじ1/3
    ・薄口しょうゆ・みりん…各大さじ3 ・酢…大さじ2
    ・昆布…4cm
作り方

1 鮭は骨を除いて一口大に切り、塩をふる。

2 玉ねぎとにんじんはせん切り、マッシュルームは薄切りにする。セロリは筋を除いて薄切りにし、葉はざく切りにする。

3 鍋に1、白ワインを入れて中火で蒸し煮にし、鮭に火が通ったら汁けをきってバットに取り、2をのせる。

4 別の鍋にAを入れて弱火にかけ、沸騰直前に昆布を取り出してひと煮立ちさせる。3にまわしかけ、15分ほど漬ける。

※冷蔵庫で2~3日保存できます
image
POINT
鮭の蒸し汁には脂肪が溶け出しているので、汁けをよくきってバットに移すのがコツ。魚のくさみも抜け、おいしく仕上がります。

レシピ提供・監修/食のスタジオ