連載☆美味×美容

オンラインショップ販売価格一部改訂のお知らせ(2017年4月)
れんこん
1月の食材
れんこん
免疫力を高めるビタミンCが豊富

正月疲れを解消して、冬本番を乗り切る!

レシピ:具だくさんれんこんのすり流し
イベント続きだった年末年始。なんだか疲れがとれない、お肌の調子もイマイチ…なんて感じていませんか? それは、身体の免疫力が落ちている証拠かも。風邪の細菌やウイルスも流行のピークを迎える時期なので、手洗い・うがいと併せて食事にも気を配りましょう。おすすめの食材は旬を迎えた「れんこん」。あまりイメージがないかもしれませんが、れんこんはレモン果汁と同じくらいビタミンCが豊富で、風邪予防として昔から民間療法にも利用されてきました。抵抗力を高めたり、コラーゲンの生成を助けるなど肌にうれしい効果も♪ 身体にもお肌にもしっかり栄養を補給して、元気に冬を乗り切りましょう。
ワンポイントアドバイス! れんこん調理のコツ
ビタミンCは水溶性で熱に弱い性質。れんこんは果物や他の野菜に比べるとでんぷん質が多いため加熱してもある程度のビタミンCが残りますが、水にさらしたり、加熱する時間はできるだけ短時間にとどめるといいでしょう。
let's start cooking!

具だくさんれんこんのすり流し

 

材料(2人分)
  • れんこん…1節(約200g)
  • しめじ…1/3パック
  • 玉ねぎ…1個
  • 長ねぎ…10㎝
  • にんじん…2㎝
  • 豚薄切り肉(バラ、モモなど)…30g
  • だし…250ml
  • 塩…小さじ1/4
  • しょうゆ…小さじ2
作り方

1 れんこんは皮をむき、3㎝分くらいを薄いいちょう切りにし、残りは酢水につけておく。

2 しめじは石づきを落としてほぐし、長ねぎは斜め薄切り、にんじんは薄い短冊切り、豚肉は食べやすく切る。

3 鍋に1のれんこんのいちょう切り、2を入れ、だし、塩を加えて中火にかける。

4 材料に火が通ったらしょうゆで味を調え、1の残りのれんこんをすりおろして加える。ひと煮立ちさせ、とろみをつける。

POINT
すりおろして溶け出したでんぷん質が加熱されてやさしいとろみに。れんこんはおろして時間をおくと変色したり分離したりすることがあるので、おろしたてを鍋に入れましょう。
image

レシピ提供・監修/食のスタジオ