オンラインショップ販売価格一部改訂のお知らせ(2017年4月)

キレイを叶える 和のおかず まごわやさしいを使った肌もカラダも喜ぶレシピ♪

素材のうまみがギュッとつまったひと皿。スープも残さずどうぞ♪

鯛と春野菜の蒸し煮 ごまみそダレ

調理時間20
鯛と春野菜の蒸し煮 ごまみそダレ
材料(2人分)
  • 真鯛切身 : 2切れ
  • スナップえんどう : 4本
  • じゃがいも : 1個
  • キャベツ : 3枚程度(100g)
  • にんじん : 1/3本
  • 昆布:2枚(2cm幅)
  • しょうゆ : 小さじ1/2
A
  • 酒 : 大さじ2
  • 塩 : 小さじ1/4
タレ
  • みそ、煮汁 : 各小さじ2
  • 砂糖 : 小さじ1
  • しょうゆ : 小さじ1/2
  • すり白ごま : 大さじ1
作り方
  1. 真鯛は半分に切り、をまぶす。じゃがいもは幅1cmの輪切りに、キャベツはざく切りにし、にんじんはピーラーでリボン状に切る。スナップえんどうは筋を取り、斜め半分に切る。
  2. 鍋に昆布と水2カップ(分量外)を入れ、じゃがいもが透き通るまで煮る。残りの野菜と真鯛をのせ、ふたをして真鯛に火が通るまで煮て、しょうゆで味を調える。
  3. 器に盛り、混ぜ合わせたタレをかける。

昆布は食物繊維やミネラルが豊富。短く切って水から煮れば、だしを取るだけでなく、昆布もおいしく食べられます。

まごわやさしい今回のおすすめ食材

花粉・紫外線…刺激が多い春こそ、肌力をアップ!

  • さかな
    真鯛
    真鯛

    皮膚や粘膜を健康に保つビタミンB2を多く含み、肌あれの原因となるターンオーバーの乱れを整えます。赤血球をつくるビタミンB12が豊富で、女性に多い貧血の予防にも◎。

  • まめ
    スナップえんどう
    スナップえんどう

    抗酸化ビタミンといわれるβカロテンやビタミンCが豊富。シミやそばかすを増やすといわれる活性酸素の働きをおさえ、紫外線から肌を守ってくれます。

今しか味わえない春野菜は、みずみずしく甘みたっぷり。素材のうまみが溶け出して、スープまでおいしくいただけます♪

栄養監修・レシピ/中村美穂先生

管理栄養士。料理教室「おいしい楽しい食時間」主宰。
日本の食文化をベースに、お米を中心とした穀物、季節の野菜や果物、豆や海藻などの植物性食品をメインに、
カラダにやさしく、日々の暮らしをおいしく楽しくするオリジナルメニューを紹介しています。