キレイを叶える 和のおかず まごわやさしいを使った肌もカラダも喜ぶレシピ♪

定番“卵とじ”をスキレットで♪SNS映えする華やかメニューに

高野豆腐と桜えびのオープンオムレツ

調理時間20
高野豆腐と桜えびのオープンオムレツ
材料(スキレット16.5cm 1枚分)
★20cm程度の小さめのフライパンでも同様に作れます。
  • 高野豆腐 :1/2枚(9g)
  • 桜えび(干したもの) :大さじ2
  • 卵 :2個
  • しめじ :40g
  • ミニトマト :1個
  • 青ねぎ :1本
  • 白いりごま :小さじ1/4
A
  • 水:100ml
  • オリーブオイル :小さじ1
  • みりん :小さじ1
  • しょうゆ :小さじ1/2
  • 塩 :小さじ1/4
作り方
  1. 高野豆腐はぬるま湯に浸して戻し、2cm四方の薄切りにする。
  2. フライパンにAと桜えびを入れて中火にかけ、沸騰したら1としめじを加え、しめじがしんなりするまで煮る。
  3. 溶き卵をまわし入れ、軽く混ぜて半熟状になるまで火を通し、4等分に切ったミニトマトをのせ、火が通るまでふたをして弱火で焼く。小口切りの青ねぎと、白ごまをふる。

高野豆腐は50℃くらいのぬるま湯に浸して戻します。戻し時間はものによって違うので事前に確認を。最後にしっかり水けをきりましょう。

image

まごわやさしい今回のおすすめ食材

梅雨のジメジメを吹き飛ばし、夏に向けた肌準備を!

  • まめ
    高野豆腐
    高野豆腐

    女性に不足しがちな鉄分が豊富。鉄分が不足すると貧血になりやすいだけでなく、血行不良を引き起こして化粧ノリが悪くなったり、くすみやクマなど肌トラブルの原因にも。

  • さかな
    桜えび
    桜えび

    牛乳やヨーグルトと比べ、カルシウムの量はダントツ! 鮮やかな赤色はアスタキサンチンという強力な抗酸化成分によるもので、強い日差しから肌を守ってくれます。

煮物に使うイメージが強い高野豆腐ですが、淡泊なのでどんな料理とも相性抜群。食感を生かしてお肉代わりに使えばヘルシー! 乾物なので保存がきくのもうれしいですね。

栄養監修・レシピ/中村美穂先生

管理栄養士。料理教室「おいしい楽しい食時間」主宰。
日本の食文化をベースに、お米を中心とした穀物、季節の野菜や果物、豆や海藻などの植物性食品をメインに、
カラダにやさしく、日々の暮らしをおいしく楽しくするオリジナルメニューを紹介しています。

back