キレイを叶える 和のおかず まごわやさしいを使った肌もカラダも喜ぶレシピ♪

和風ステーキ風のひと皿。お肉みたいな食べ応え

ぶりと根菜、ひじきのマスタードソテー

調理時間15
ぶりと根菜、ひじきのマスタードソテー
材料(2人分)
  • ぶり切身:2切れ
  • れんこん:120g
  • 舞茸:50g
  • にんにく:1片
  • ひじき(水煮):50g
  • 酒:大さじ1
  • 塩・こしょう:各少々
  • オリーブオイル:大さじ1
A
  • しょうゆ、みりん:各小さじ2
  • 粒マスタード:小さじ1
作り方
  1. れんこんは幅1cmの半月切りにし、固ゆでにして水けをきる。ぶりは骨を除き3等分に切る。舞茸はほぐす。
  2. フライパンにオリーブオイルと薄切りのにんにくを熱し、ぶりを並べ、周りに1のれんこんを並べ、舞茸をのせる。酒、塩・こしょうをふり、焼き色がつくまで両面を焼く。
  3. ひじき、混ぜ合わせたAを加え、全体にからめて火を止める。

調理の手間や食べにくさから魚料理が苦手という人も、これならパパッと作れておいしい一品に! ソースは炒め合わせずに、ひじきソースにして最後にかけるのもおすすめ。

まごわやさしい今回のおすすめ食材

乾燥がピークになるこの時季は、内側からもうるおい補給♪

  • さかな
    ぶり
    ぶり

    冬に味がのる“ぶり”の脂はコレステロールを下げて動脈硬化を予防。良質なたんぱく質や、美容ビタミンと呼ばれるビタミンB2とともに肌のハリとうるおいをキープします。

  • れんこん
    れんこん
    れんこん

    コラーゲンの生成に必要なビタミンCが豊富で、火を通しても失われにくいのが特長。また、断面から出るネバネバには、肌にうるおいを与えてくれる成分が含まれます。

にんにくを使うのもこのメニューのポイントです。風味がよくなり減塩になるうえ、血行促進や代謝を上げる効果で肌の調子も上向きに!

栄養監修・レシピ/中村美穂先生

管理栄養士。料理教室「おいしい楽しい食時間」主宰。
日本の食文化をベースに、お米を中心とした穀物、季節の野菜や果物、豆や海藻などの植物性食品をメインに、
カラダにやさしく、日々の暮らしをおいしく楽しくするオリジナルメニューを紹介しています。

back